Corsair Obsidian 650DW-1 レビュー

user-pic
0

今回の新PCはすべてここから始まったですね。
・少し大きくてもいいからメンテしやすいもの。
・シンプルで黒いもの。
・エアフローなどで苦労のなさそうなもの。

ケースに関しては、遊び要素まったくなしでガンダムっぽくないのが好きです。
550Dなんかも出たところで、評判よかったのですが、最終的には見た目が好みだったので650DW-1にしました。

650d1.jpg

全体的にコストパフォーマンスの良い定番パーツで構成して、あまり手をかけず使うつもりでした。ケース決まるまでは...

ケースのサイドパネルがアクリル窓付き
  ↓ 
せっかくだから、ちょっとだけ光るもの入れようかな。
  ↓ 
なにやらヒートスプレッダが光るメモリーがあるらしい
  ↓ 
LED付きのファンも後から追加しよう!
  ↓ 
ボトム回りがさびしいかな。おおっコネクタの光る電源発見!

と、どんどんエスカレートし、現在の構成となった訳です。

650d2.jpg

ま、この記事読んでいただいてる方にはどうでもいい話はおいといて、ケースのお話を。

650DW-1私的には大満足です。
拡張性、広さ、作業しやすさどれをとっても、今まで使っていたLianLiのアルミケースよりいい。
フロントパネルはアルミでヘアライン仕上げになっており、高級感もあります。

最初は重さとでかさにびっくりしましたが、なれればこれくらいがちょうどいいですね。

残念なポイントとしては、フロントのUSB3.0コネクタは、リアのMBコネクタから引き回すため、実質2コ潰れる。ケーブルが飛び出す。

650d4.jpg

裏配線のスペースが少し狭い。閉める時に若干気を使います。

650d3.jpg

しかしこのサイドパネルがレバーで外せる仕様は、とてつもなく便利です。
手回しのネジですら面倒で躊躇していた私が、これならなんの抵抗もありません。いつでもパッカパカです!

ケースファンはフロント20cm、トップ20cm、リア12cmとなっていて、ケースに備え付けのファンコンで3段階調節です。
あまり評判良くないようですが、私は交換が前提でしたので

フロント:BitFenix Spectre LED Blue 200mm
トップ:ENERMAX EVEREST UCEV14 ×2
リア:ENERMAX UCTB12N-BL
に交換し、エアフローとVGAの吸気口に風入れるためにシャドウベイ後ろにENERMAX UCTB12N-BLを追加してみました。

650d5.jpg

ゆるファンばかりのためか静かにはなりましたが、冷却効果としては、ばらつきも考えるとプラシーボ効果かなというレベルです。

関連のありそうな記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

RSS

楽天で探す

ヤフオクで探す

Tag Cloud

SEO対策

Sponsor Site

Category

Amazonおすすめ

Powerd by Movable Type Pro version 4.21-ja - IXIELL Original Template
Copyright © 2008 Nextism All rights reserved.