ライブサポートを無料で実現する方法

user-pic
0

お問い合わせや更新などのサポートをリアルタイムに対応できる様、ライブサポートを導入しようと、色々調べてみました。

法人向けのサービスは費用的に難しいので、無料または投資金額をなるべく少なくできる方法を模索。

■条件としては
・相手PCの環境を選ばない(なるべく)
・このライブサポートのためだけのユーザー登録や管理を必要としない
・コンタクトがあったことを通知してくれる
・こちらのログイン状況を表示できる

■サイトにチャットプログラムを設置しただけの場合 問題点
・コンタクトがあったことが分かりにくい(常に画面を監視する必要がある)
・こちらのログイン状況を表示できない
・チャットだけで問題解決しない場合、結局メールや電話が必要になる

■インスタントメッセンジャーの利用 問題点
・相手がメッセンジャーを使っているとは限らない
・全てのメッセンジャーに対応するとこちらのログイン管理が大変

複数のIMを一元管理できるmeeboと、サイト閲覧者とチャットできるmeebo meの組み合わせが一番てっとり早いかと思ったのですが、meebo meは日本語に完全対応できていないために断念しました。

色々と問題点が浮かび上がり、決め手に欠けます。
また、どれも単体だとライブサポートとしては弱い気がしてならないので

・複数の代表的なメッセンジャーに対応する
・メッセンジャーを使用していない人にはチャットで対応
・チャットやメールで対応しきれない場合は、ボイスチャットやSkype、電話で対応

これらを一画面にまとめて、対応することにしました。

メインとしてSkypeを使用することでチャット、通話、ログイン状態の表示が可能となります。Skypeのクライアントをインストールしておけば、コンタクトがあった場合に、音とポップアップで知らせてくれるので便利。

●SkypeでSkypeユーザー以外の人とチャットを可能にするSkWebChat

●複数のメッセンジャーを一元管理できるmeebo

●メッセンジャーのログイン状態を表示させるOnline Status Indicator

上記の大変すばらしいサービスのお陰で、ほぼ希望どおりのライブサポート環境が実現しました。
meeboがYahoo! JAPANメッセンジャーとSkypeに対応してくれたら言うことなしです。

関連のありそうな記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする

RSS

楽天で探す

ヤフオクで探す

Tag Cloud

SEO対策

Sponsor Site

Category

Amazonおすすめ

Powerd by Movable Type Pro version 4.21-ja - IXIELL Original Template
Copyright © 2008 Nextism All rights reserved.